スズメの飼育が禁止されている?

スズメの飼育が禁止されている?

その辺にいるスズメってペットにしてもいいのでしょうか?もしかしたら禁止されているかもしれない...と思うあなたはこの記事を読んで疑問を解決しちゃいましょう。

 

スズメのような野生動物を捕獲する場合の注意

捕獲していい野生動物については「鳥獣の保護及び狩猟の適正化に関する法律(鳥獣保護法)」によって決まっています。これによると、本州では11月15日から2月15日の間、傷つけないように重火器や罠を使わずにとらえるのであれば、スズメは捕まえてOKです。

 

実はこの法律は、動物を捕獲することに関しての法律なので、飼っていいペットというよりは狩猟の対象となる動物についての決まり事なのです。

 

そのため、スズメを捕獲した後は焼き鳥にして食べることも法律で許されているわけです。スズメを飼いたいからと言って許可申請をする必要もありません。

 

飼うのはいいけど、軽い気持ちならやめよう

スズメは人間を警戒しますが、うまくいって懐く例もいくつかあります。エサは穀物と虫を与えればよいのですが、こまめに上げる必要があります。

 

また、捕まえやすいのは巣立ち中のひななので、その時期に親鳥から離してしまうと野生に代えれなくなってしまうこともあります。この点を踏まえてスズメの飼育を考えましょう。
多頭飼い、放し飼いは隣人トラブルのもとになります。これは鳩や猫の餌やりと一緒ですね。

 

 

以上、スズメは無許可で飼育することが可能ですが捕まえるのは難しいので、あくまで保護の目的にとどめましょう。

 

<スポンサーリンク>

関連ページ

スズメの飼い方
スズメを偶然保護してしまった...という時のためにスズメの飼い方を知っておきましょう。たとえ自然に返せなくても適切に育てれば長生きするようです。
スズメが怪我をした時の保護の仕方
スズメが怪我をして動けない、そんな時はすぐに保護する必要があります。しかし、獣医さんが遠いと言う場合には何とか応急処置をしてあげましょう。
スズメってどんな病気を持っているの?
スズメを保護した時に、気を付けたいのはスズメの病気や人間への感染です。今回はスズメを保護する際に知っておきたい基礎知識をご紹介します
スズメってなつくの?手乗りにできる?
スズメを飼っている人の画像を見ると、かわいく手のひらの上に載っている写真を目にします。このようにスズメを飼うと、手のひらに載ってくれるのでしょうか?
スズメの卵が孵化してから巣立つまで
スズメは繁殖期になると巣をつくり、卵を産みます。それが孵化した後から巣立ちまで、スズメはどんな成長をしていくのでしょうか?
スズメの雛の育て方
本来は野生に返すのが一番ですが、それまでの間に育てる必要がある。そんな時にはどのようにスズメのひなをケアすればよいのでしょうか?
スズメの雛を保護する場合に気を付けたいこと
ふと道端を見たらスズメのひなが落ちていた、自然の摂理も分かりますが、やっぱり助けたいと思った時どう保護したらよいのかをご紹介します。
スズメの餌にお米は大丈夫?
スズメの餌としてお米としてはどうなのでしょうか?
スズメがベランダに!対策を紹介
ベランダにやってくる姿はかわいくても、鳴き声がうるさい・糞の掃除が面倒という理由で歓迎されないこともよくあるでしょう。そこで、今回はスズメがベランダに来ないような対策について紹介します。

HOME