スズメがベランダに!対策を紹介

スズメがベランダに!対策を紹介

ベランダにやってくる姿はかわいくても、鳴き声がうるさい・糞の掃除が面倒という理由で歓迎されないこともよくあるでしょう。そこで、今回はスズメがベランダに来ないような対策について紹介します。

 

不用意にえさを与えない

スズメがベランダに来るのは、ただ休みに来るだけでなくエサを探しに来るからです。この時に軽はずみにえさを与えてしまうと、次もやってきます。しかもスズメは群れでやってくるので鳴き声も大きくなるし糞の量も増えます。スズメはえさをたくさん食べるので、洗濯物を外に干すのも難しくなってしまいます。

 

巣をつくっている場合には、さっさと巣を撤去してしまうことです。巣立って安心と思ってもスズメはまた巣を再利用するので切がありません。

 

スズメ対策グッズを導入してみる

積極的にスズメを追い払いたい場合は音を立てることやスズメの嫌いな臭いを発すること。そして体内磁石を狂わせるグッズやネズミ取りなどが使えます。他にはベランダを網で覆うことも対策になります。さらに、スズメは猫のエサになるので猫を放し飼いにしておくと効率よくスズメを狩ってくれるでしょう。

 

どんな形であれスズメが警戒すべきと判断してくれれば大丈夫です。

 

もし、あなたの近所でスズメのえ付けをしている場合には、餌付けをしない様に説得するのが一番手っ取り早い方法です。

 

 

このように、スズメは行っていい場所と行けない場所を記憶できるようです。ちなみに鳥に抵抗がなければスズメを食べることも可能です。

 

<スポンサーリンク>

関連ページ

スズメの飼い方
スズメを偶然保護してしまった...という時のためにスズメの飼い方を知っておきましょう。たとえ自然に返せなくても適切に育てれば長生きするようです。
スズメの飼育が禁止されている?
その辺にいるスズメってペットにしてもいいのでしょうか?もしかしたら禁止されているかもしれない...と思うあなたはこの記事を読んで疑問を解決しちゃいましょう。
スズメが怪我をした時の保護の仕方
スズメが怪我をして動けない、そんな時はすぐに保護する必要があります。しかし、獣医さんが遠いと言う場合には何とか応急処置をしてあげましょう。
スズメってどんな病気を持っているの?
スズメを保護した時に、気を付けたいのはスズメの病気や人間への感染です。今回はスズメを保護する際に知っておきたい基礎知識をご紹介します
スズメってなつくの?手乗りにできる?
スズメを飼っている人の画像を見ると、かわいく手のひらの上に載っている写真を目にします。このようにスズメを飼うと、手のひらに載ってくれるのでしょうか?
スズメの卵が孵化してから巣立つまで
スズメは繁殖期になると巣をつくり、卵を産みます。それが孵化した後から巣立ちまで、スズメはどんな成長をしていくのでしょうか?
スズメの雛の育て方
本来は野生に返すのが一番ですが、それまでの間に育てる必要がある。そんな時にはどのようにスズメのひなをケアすればよいのでしょうか?
スズメの雛を保護する場合に気を付けたいこと
ふと道端を見たらスズメのひなが落ちていた、自然の摂理も分かりますが、やっぱり助けたいと思った時どう保護したらよいのかをご紹介します。
スズメの餌にお米は大丈夫?
スズメの餌としてお米としてはどうなのでしょうか?

HOME