ハリオアマツバメの生態・速度

ハリオアマツバメの生態・速度

ハリオアマツバメに関する情報をまとめています。ハリオアマツバメの生態・飛行速度・巣作り・繁殖事情などなど興味のある方は参考にしてください。

 

見た目

全長は21cmで、ツバメよりも肉つきがいい体型をしています。配色は黒褐色を基調として背中が灰色の羽毛で覆われています。短い尾羽、針のように露出している羽軸という特徴からハリオアマツバメという名がつけられています。

 

分布

渡り鳥なので夏になるとユーラシア大陸東部で繁殖して、冬になると暖かい地域に南下し越冬します。ただ中華人民共和国南部やヒマラヤ山脈ではまる一年生息しています。

 

生態

生息地

高山や海岸に生息します。1日のほとんどを飛行して過ごし、地上に降りることがありません。そのため歩行能力はかなり退化しており、岩場に爪をひっかけて休むくらいの使い方しかしません。

 

食性

動物食で飛んでいる昆虫を空中でとらえて食べます。

 

巣作り・繁殖

日本では6~7月に崖の隙間や樹木の洞穴に枯れ草や羽毛を唾液で固めたお椀状の巣を作ります。一度に3~4個の卵を産みます。

 

速度

ハリオアマツバメはアマツバメと同様水平飛行においては鳥類最速の部類といわれます。最高速度は時速300kmにも達するといわれ、この速度のおかげでタカやワシなどの猛禽類に襲われることがありません。逃避能力に長けているということは生存率も伸びるので、平均寿命は5年半と長いです。私たちが見慣れているツバメが1年半ですからね。

<スポンサーリンク>

関連ページ

アマツバメの生態・速度
アマツバメというのはアマツバメ科アマツバメ属に分類される鳥のことです。今回はアマツバメに関する情報をまとめています。アマツバメの生態・速度・睡眠のことなど興味のある方は参考にしてください。
イワツバメの生態・越冬・巣作り
イワツバメに関する情報をまとめています。イワツバメの生態・越冬地・巣作りの方法などなど知りたい方は参考にしてください。
コシアカツバメの生態・分布・巣作り
コシアカツバメについての情報をまとめています。コシアカツバメの生態・分布・巣作りなどについて興味のある方は参考にしてください。
ツバメに似た鳥
ツバメによく似た鳥を見たけど何の鳥だろう?という方へ、ツバメと間違えられやすい鳥を紹介しています。
リュウキュウツバメの生態・巣・違い
リュウキュウツバメに関する情報をまとめています。リュウキュウツバメの生態・巣作り・普通のツバメとの違いなどなど興味のある方は参考にしてください。

HOME