ツバメは餌付けできる?

ツバメは餌付けできる?

ツバメを餌付けすることはできるのでしょうか?という疑問に関してです。

 

野生のツバメの餌付け

野生のツバメの餌付けをするのはかなり難しいでしょう。警戒心が強い鳥ですし、ツバメは基本的に飛んでいる虫しか食べません。

 

そこら辺にツバメが食べそうな餌を巻いておいたとしても食べない可能性が高いです。

 

またツバメを餌付けをする必要性も低いです。ツバメは餌が豊富な春から夏にかけてしかやってこないので、少なくとも日本で姿を見る間は餌に困るということはないはずです。

 

保護ツバメの餌付け

巣落ちしたり怪我をしたツバメを保護した場合、一番の関門は餌付けができるかどうかになります。精神的ストレスで餌を取らないケースも多くそのまま衰弱死してしまうことも少なくありません。

 

ツバメの保護が難しい理由

ツバメに限らず飛ぶ鳥類というのは代謝が非常に活発な体をしています。飛行にはそれだけエネルギーが必要ということです。

 

そのためエネルギーを得るために非常によく食べます。欲しがるだけ食べさせなければなりません。1日でも絶食させれば命に関わるほどです。

 

ツバメが一日中餌をとっては雛のもとに運ぶというのを繰り返しているのはそれが理由です。

 

そして当然保護した場合でも15分おきくらいに餌をあげなければなりません。会社勤めをしている人などはそんなことはできませんよね。これがツバメの保護を難しくしている1つの理由です。

<スポンサーリンク>

関連ページ

ツバメの雛の育て方
ツバメの雛の育て方について有益な情報をまとめています。雛を保護したけど初めてのことで右も左もわからないという方は参考にしてください。
ツバメの雛の餌の量や時間
巣から落ちた雛を保護した場合の餌のあげ方について情報をまとめています。餌の量は?あげる時間は?などの疑問で困っている方は参考にしてください。
ツバメは飼育禁止?保護の許可をとるには?
ツバメのような野鳥の許可のない飼育は「鳥獣保護法」という立派な日本の法律により禁止されています。今回はツバメを保護目的で飼育する場合の許可の取り方について紹介しています。
ツバメが低く飛ぶと雨が降る?
言い伝えとして「ツバメが低く飛ぶと雨が降る」というものがありますが、これは本当なのでしょうか。また本当だとしたらどういった理由からなのでしょうか。
縁起がいい?ツバメの巣の言い伝え
ツバメの巣にまつわる言い伝えを紹介しています。これを知ると何故ツバメの巣が人間社会に歓迎されているのかわかります。

HOME