ツバメの雛の育て方

ツバメの雛の育て方

ツバメの雛の育て方について有益な情報をまとめています。雛を保護したけど初めてのことで右も左もわからないという方は参考にしてください。

 

飼育場所について

そこまでこだわらなくても適度な大きさの段ボール箱でもいいようです。以下の動画が参考になるでしょう。保護者がアップしておられる他の動画も見させて頂きましたが、このツバメちゃんは巣立ちまで元気に育っていました。

 

 

餌について

餌やりは一番重要なことです。間違った判断は命取りになりますので十分に情報を集めるようにしましょう。当サイトでも餌については【ツバメのえさの量や時間】で詳しく解説しているのでこちらを参考にしてください。

 

リリースについて

野生においては巣立ちの後でもしばらくは親が餌を与えます。親が実演で餌を捕るのを見て子供は学び、自力で餌を捕れるようになるわけです。

 

ですが巣落ちして保護されたツバメはそれができないので、飛べるようになったからといってすぐに放鳥しては餌が捕れずに餓死してしまう可能性もあります。

 

なのでまずは家の中で昆虫を捕まえられるように訓練をする必要があります。なるべく隠れるところがない部屋を訓練場所にして、トンボなどを放して狩りの訓練をさせるといいでしょう。

 

慣れてきたら以下の動画のように外に放して訓練させてあげるといいでしょう。

 

<スポンサーリンク>

関連ページ

ツバメの雛の餌の量や時間
巣から落ちた雛を保護した場合の餌のあげ方について情報をまとめています。餌の量は?あげる時間は?などの疑問で困っている方は参考にしてください。
ツバメは飼育禁止?保護の許可をとるには?
ツバメのような野鳥の許可のない飼育は「鳥獣保護法」という立派な日本の法律により禁止されています。今回はツバメを保護目的で飼育する場合の許可の取り方について紹介しています。
ツバメは餌付けできる?
ツバメを餌付けすることはできるのでしょうか。
ツバメが低く飛ぶと雨が降る?
言い伝えとして「ツバメが低く飛ぶと雨が降る」というものがありますが、これは本当なのでしょうか。また本当だとしたらどういった理由からなのでしょうか。
縁起がいい?ツバメの巣の言い伝え
ツバメの巣にまつわる言い伝えを紹介しています。これを知ると何故ツバメの巣が人間社会に歓迎されているのかわかります。

HOME