縁起がいい?ツバメの巣の言い伝え

縁起がいい?ツバメの巣の言い伝え

ツバメの巣にまつわる言い伝えを紹介しています。これを知ると何故ツバメの巣が人間社会に歓迎されているのかわかります。

 

商売繁盛の印!

昔から伝わる言い伝えですね。ツバメの「人が住む環境に営巣する」という習性から商売繁盛の印として大切にされてきました。

 

ツバメは人の出入りが多い場所に巣を作りますので、人の出入りが多い=客がよく出入りするということで縁起物と認識されていたのでしょう。まあ最近では糞の被害で嫌がる店も多いですけどね…。

 

害虫駆除の益鳥

また農薬がなかった時代には害虫を駆除してくれるツバメは益鳥として珍重されたといいます。ツバメに関する「良いイメージ」はこういったことも大きく関係しているでしょう。

 

ツバメが低く飛ぶと雨が降る?

雨の前になるとツバメが低空飛行するというものです。これ実はただの言い伝えではなく、きちんとした根拠があります。雨の前は空気中の水蒸気が増えるので、虫は高く飛ぶことができなくなります。

 

そして低いところを飛ぶようになるので、その虫を狙うツバメを低いところを飛ぶわけです。昔の人はこういったことを経験則からしっており雨を予報していたのです。

<スポンサーリンク>

関連ページ

ツバメの雛の育て方
ツバメの雛の育て方について有益な情報をまとめています。雛を保護したけど初めてのことで右も左もわからないという方は参考にしてください。
ツバメの雛の餌の量や時間
巣から落ちた雛を保護した場合の餌のあげ方について情報をまとめています。餌の量は?あげる時間は?などの疑問で困っている方は参考にしてください。
ツバメは飼育禁止?保護の許可をとるには?
ツバメのような野鳥の許可のない飼育は「鳥獣保護法」という立派な日本の法律により禁止されています。今回はツバメを保護目的で飼育する場合の許可の取り方について紹介しています。
ツバメは餌付けできる?
ツバメを餌付けすることはできるのでしょうか。
ツバメが低く飛ぶと雨が降る?
言い伝えとして「ツバメが低く飛ぶと雨が降る」というものがありますが、これは本当なのでしょうか。また本当だとしたらどういった理由からなのでしょうか。

HOME