ツバメが低く飛ぶと雨が降る?

ツバメが低く飛ぶと雨が降る?

言い伝えとして「ツバメが低く飛ぶと雨が降る」というものがありますが、これは本当なのでしょうか。また本当だとしたらどういった理由からなのでしょうか。

 

ツバメが低く飛ぶと雨が降るは迷信じゃない!

「ツバメが低く飛ぶと雨が降る」はただの迷信と思っている人も多いようですが、実はきちんとした根拠があるようです。

 

ツバメは昆虫食ということは皆さんご存じだと思いますが、さらにツバメは「飛んでいる虫しか食べない」という習性があるため虫が良く飛んでいる付近を中心にビュンビュン飛んでいます。

 

ただ雨の前は空気中の水蒸気が増えるので、虫の羽が重くなり高く飛ぶことができなくなり低空を飛行するようになります。

 

そしたら当然ツバメもそれに合わせて低いところを飛ぶようになります。このことを経験則から知っていた昔の人は「ツバメが低く飛ぶと雨が降る」と周りの人に教えていたのです。

 

ただツバメが低く飛んでいるからといって100%雨になるわけではありません。雨の前でなくとも湿度が高い日はありますので・・。

<スポンサーリンク>

関連ページ

ツバメの雛の育て方
ツバメの雛の育て方について有益な情報をまとめています。雛を保護したけど初めてのことで右も左もわからないという方は参考にしてください。
ツバメの雛の餌の量や時間
巣から落ちた雛を保護した場合の餌のあげ方について情報をまとめています。餌の量は?あげる時間は?などの疑問で困っている方は参考にしてください。
ツバメは飼育禁止?保護の許可をとるには?
ツバメのような野鳥の許可のない飼育は「鳥獣保護法」という立派な日本の法律により禁止されています。今回はツバメを保護目的で飼育する場合の許可の取り方について紹介しています。
ツバメは餌付けできる?
ツバメを餌付けすることはできるのでしょうか。
縁起がいい?ツバメの巣の言い伝え
ツバメの巣にまつわる言い伝えを紹介しています。これを知ると何故ツバメの巣が人間社会に歓迎されているのかわかります。

HOME