ツバメの卵が孵化しない原因とは

ツバメの卵が孵化しない原因とは

ツバメが自分の家や店の軒下に巣をつくったけど、産んだ卵がなかなか孵化しない。このような報告は珍しくないようです。今回はツバメの卵が孵化しない原因について解説しています。

 

どうして孵化しないのか

卵がなかなか孵化しない理由として以下の原因が考えられます。

 

孵化時期を揃える為?

親鳥があえて抱卵せず孵化させないようにしている可能性もあります。鳥類は卵を複数産む場合孵化時期を揃えるために、あえて最初のほうに生まれた卵を放っておくことがあります(詳しい理由については【⇒⇒⇒ツバメの抱卵について|抱卵期間・抱卵放棄理由など】の解説を参照)。なので卵があって、親鳥もしっかり巣のそばにいるようならばそのうち抱卵を始めると思います。抱卵から13~17日程度で孵化するのが一般的です。

 

無精卵

無精卵の可能性もあります。無精卵というのは受精をせずに産まれた卵です。なので当然子供は生まれてきません。親もいつまでも生まれないことに気がつけば途中で抱卵を中止します。

 

抱卵が下手

初巣引きの場合は親鳥の抱卵が不慣れで上手くできていない可能性があります。卵の孵化には抱卵により適度な温度や湿度を保つことが必要不可欠なので、抱卵が下手だとなかなか孵化してくれません。

<スポンサーリンク>

関連ページ

つばめの子育て失敗の原因
ツバメが子育てを失敗する原因と対策について解説しています。
ツバメのスズメ対策は?
ツバメの天敵はネコやカラス、ヘビなどは有名ですが、スズメが実は天敵になることはあまり知られていないと思います。ツバメの天敵スズメに対する対策はあるのでしょうか。
ツバメの巣を守る方法
当サイトではツバメの生態・習性などを中心にツバメに関する様々な情報をまとめています。他にもツバメの種類や言い伝え、保護した場合の飼育アドバイス、巣作りを守る方法などなど幅広い情報をピックアップし紹介していますので是非参考にしてください。
ツバメの巣作りの条件の家とは
ツバメが家やお店の軒下に巣を作るのは縁起がいいといわれますから、「是非うちにも巣を作ってほしい!」と思っている方もいることでしょう。今回はそんな方へ「ツバメが巣を作る条件」を紹介しています。
ツバメの巣作りを防止する方法
ツバメは縁起物として日本では歓迎される傾向がありますが、糞が悪臭になったり乾燥した糞が飛んだりなどするので必ずしも皆が皆歓迎するわけではありません。今回はそんな人達のためにツバメの巣作り防止方法を紹介したいと思います。
ツバメの育児放棄の原因
ツバメはせっかく卵を産んでも、雛が産まれても抱卵や育児を放棄してしまうことがあります。今回はツバメの育児放棄の原因について解説しています。
ツバメをカラスから守る為の対策
ツバメの大きな天敵としてカラスがいます。僕はカラスも大好きなのですが、当サイトはツバメが主役ということで、今回ばかりはツバメの味方をして対策を紹介しようと思います。
玄関にツバメの巣
玄関にツバメが巣を作った場合の対処法について紹介しています。

HOME